仙台の任意売却物件、請求されたら手付金はどうしたらいい?

仙台の任意売却物件、請求されたら手付金はどうしたらいい?

仙台で任意売却物件を買う!お得そうだけど注意点は?メイン

任意売却物件の取引で、手付金を売却希望者に直接渡してしまうのは厳禁。使い込まれて戻ってこない事例は仙台でも多発。手付金ナシの取引が安全。

仙台の任意売却物件、請求されたら手付金はどうしたらいい?

任意売却物件の取引において、手付金を売却希望者に直接渡してしまうのはタブーです。

仙台でも手付金の未返還はもっとも多い事案になっているのでご注意を!

◎返金してもらえないケースが多発している。

任意売却ではない通常の物件売買では、他者に物件を横取りされないよう、売却希望者(名義人など)に手付金を支払います。

契約成立前に払っておいて、万一契約が不成立の場合にはその手付金は返却してもらいます。

不動産取引の慣習のようなものです。

しかし任意売却の物件の場合、契約が成立する前に払ってしまうと、万一不成立の場合、返金を求めてもお金が戻ってこない危険性があります。

◎請求されても本人には渡さないこと。

なぜ手付金が戻ってこないかというと、売却希望者が使い込んでしまうからです。

もともと任意売却になってしまった人は、生活費や他の支払に窮していて、手元に現金がない人が大半です。

仮に100万円の手付金でも、任意売却に踏み切った仙台の本人にとっては、喉から手が出るほど欲しい現金のはず。

不用意に渡す必要はありません。

請求されたら仲介会社に渡すか、物件引渡し後に全額というような段取りを条件としましょう。

◎手付金は売却希望者に直接渡さない。

そのときは領収書をもらって、不動産仲介会社に渡しましょう。

もっとも安全なのは“手付金ナシ”を前提に話を進めることです。

仙台での取引でも、最多のトラブル事例になっています。

“手付金を請求する売主”がいたら、現金を欲しがっていると踏んで間違いないでしょう。

仙台では不動産仲介会社に預けたにも関わらず、手付金を戻してもらうのに数カ月かかったという例もあります。

PickUp Entry