仙台ですが、任意売却物件は購入者が住宅ローンを組めるの?

仙台ですが、任意売却物件は購入者が住宅ローンを組めるの?

仙台で任意売却物件を買う!お得そうだけど注意点は?メイン

仙台の物件を任意売却で手放そうとする人の残債問題と、新たに融資を受ける人とは無関係。当然ローンは組めるが担当者は偏向的。

仙台ですが、任意売却物件は購入者が住宅ローンを組めるの?

仙台の物件を任意売却で手放そうとする人の残債問題と、新たに融資を受ける人とは無関係です。

当然ローンは組めますが、審査が厳しくなることも予想できます。

◎前の人のローンの残債とは無関係なので大丈夫。

「任意売却物件を購入して、住宅ローンは組めるのか」という一抹の不安は残ります。

任意売却物件は、それまでのローンが残ったままで売却されます。

もちろんそれまでの物件持ち主(債務者)の責任なので、時間差はあるものの引渡し時には残債はなくなります。

仮に、前の持ち主が仙台のその物件を任意売却してもローンが残った場合は、本人が継続して返済してくことになります。

◎住宅ローンは組めるが審査に時間がかかることも。

任意売却の物件を購入した人は、改めて住宅ローンの手続きをし購入することになります。

ただ一点あり得ることは、銀行からは“任意売却物件を買う人”という見られ方をするので、購入理由などを細かく聞かれることがあります。

住宅ローンの債務者となる人の年収や勤務先(企業規模・レベル)なども慎重に調査されると思います。

融資する銀行としては“同じ轍(てつ)は踏みたくない”という思いが強く、その分、時間がかかるかも知れません。

◎同じ失敗は繰り返せない銀行は、担当者の姿勢もどこか偏向的。

勤務先規模、年収、勤続年数、頭金の額がポイントです。

融資して住宅ローンの焦げ付きを作ってしまったことは、仙台のその銀行としても汚点です。

担当者は慎重になる分、審査・調査に時間がかかります。

早く処分してしまいたい一方で、ローン申込時の頭金が少ないとその段階で融資を渋られることも。

売却価格の3分の1、ギリギリ4分の1で受付けてくれるかどうかです。

【参考記事】住宅ローン審査に通るために、絶対に押さえておきたいポイント2つ

PickUp Entry